「ヨガを科学する」を読んで

ロルフィング in 東京

HOME > おススメ本 > 10.ヨガを科学する

ロルフィングとは?ロルフィング10シリーズムーブメント5シリーズ

ロルフィングブログ

10.『ヨガを科学する』
その効用と危険に迫る科学的アプローチ

2013.5.15(水)

「科学」という単語に引かれて手にとった1冊です。

科学論文を元にしておりそれがランダムに提示されているので、決して読みやすくはありませんが内容はとても楽しめました。

ヨガの歴史や効果、危険性に関して述べられています。

本書を読む前はヨガには多数の種類があり不思議に思っていましたが、実際には近年産まれたスタイルがほとんどであることがわかりました。

中には他のスタイルを否定したり、各ポーズに著作権を主張しているビジネス色が強いものもあるようです。

以前ストリートダンスの1種であるブレイキン(ブレイクダンス)を練習していた時にヨガのポーズに似たエクササイズを考案して行っていました。それから数年後書店でヨガのポージング集を見てみると同じポーズがあり「やはり人間の考えることだからオリジナルなものだと思っても誰かがすでに考えているものだな」と思ったものです。

これ以外にも自分で考えたムーブメントが他のメソッドと似ていたりというのはあるものです。もし、ただ「似ている」というだけで著作権を主張されると身体系の分野の衰退しか招かないと感じています。ビジネスとしての観点は大事ですが、それがいきすぎると問題がでてきます。

もちろん、エクササイズ・ムーブメントというものは一度やり方を見たり、体験すると本質がつかめなくとも真似はできますのでそれも別の問題になります。


本書で一番興味深かったのは第4章の「ヨガでの損傷のリスクは高いのか?」という点です。

ヨガによって起こり得る障害(捻挫や肉離れ、椎間板ヘルニア、脳卒中、心臓障害、気胸、脱臼、骨折など)に触れられています。



34か国1300名が回答した世界的な調査によるヨガでは最も負傷が多い部位は

腰部(231件)
肩(219件)
膝(174件)
頚部(110件)

となっています。そして、回答者は、実践者の椎間板ヘルニア(43件)、骨折(17件)、心臓障害(5件)を見聞したことがあると答えたともあります。

※筋骨格系の障害予防にはDVD「ヨーガのための解剖学」が参考になります。


こうした障害に関して表に出にくいかもしれませんがデータが示すように確実に起こり得る可能性があります。筋骨格系ならば日常生活に不自由を感じる程度ですが脳卒中では生命にもかかわります。

ヨガをされる方は以下のポイントを守って身体を痛めないように気を付けて行うようにしてください。

●首、頭に負荷がかからないやり方、種目を選ぶ
●ウォーミングアップしてから行う
●エゴは自分の傍らに置いておく(決して身体の可動性や難易度の高いポージングをみせびらかさない)
●関節の可動域は各個人によって大きく異なり、骨格的な限界がある


-----------
以下目次
1 ヨガで健康になれるのか?
2 ヨガでダイエットはできるのか?
3 ヨガで気分はリフレッシュするのか?
4 ヨガでの損傷のリスクは高いのか?
5 ヨガによる治癒は可能なのか?
6 ヨガで性的能力は向上するのか?
7 ヨガで芸術的才能は開花するのか?
-----------

41gWa1aDb1L__SL500_AA300_.jpg

『ヨガを科学する』

著 者:ウィリアム・J. ブロード
翻訳:坂本 律
単行本: 364ページ
出版社:晶文社 (2013/1/31)

新薬承認の治験には何百人、あるいは何千人もの被験者が必要とされることがあり、その数が多いほど結果の信頼性が高くなる。ところがヨガの調査は参加者がせいぜい10人程度のものが多く、中にはたった1人を取り上げているものもあった。
内容が浅薄なことについてはそれなりの理由がある。ヨガの研究には趣味や副次的なものが多かった。大企業からの助成がなく(高額な錠剤や医療機器に結び付く発見が見込めないため)、政府の資金援助も比較的限られていた。

<中略>

科学を信じる者として、科学的なプロセスには限界があり、人生の最も重要な問題の答えをだすことはできないと考えていることを述べておく必要がある。

「プロローグ」より

2015年8月28日(金)
ムーブメント5シリーズを修正・加筆しました。

2015年4月13日(月)
●コラムに45.【身体】正しい【立ち方】を追加しました。

2015年4月12日(日)
●コラムに44.【身体】脱力と体軸を追加しました。

2014年1月31日(金)
ダンサーの為のロルフィングページを追加しました。

2014年1月25日(土)
●コラムに43.【解剖】肩甲骨と前鋸筋を追加しました。

2013年11月3日(日)
●コラムに42.【解剖】骨盤・仙腸関節の動きを追加しました。

2013年9月17日(火)
●おススメ本に13.『ホンダ イノベーションの神髄』を追加しました。

2013年9月16日(月)
●コラムに41.身体のゆがみ:O脚のメカニズムを追加しました。