ヨーガのための解剖学「ロルフィングのたちばな in 東京」

ロルフィング in 東京

HOME > おススメ本 > 2.【DVD】ヨーガのための解剖学

ロルフィングとは?ロルフィング10シリーズムーブメント5シリーズ

ロルフィングブログ

2.【DVD】ヨーガのための解剖学

[Anatomy for Yoga with Paul Grilley]

2013.1.26(土)

これはDVDです。

ヨーガという名称がついていますがヨガのポージングを教える内容ではなく約4時間にわたり、人間の可動域について個人差があるということを教えてくれます。

通常ヨガやストレッチなど柔らかい人ほど「すごい」と思われる傾向がありますが、実際のところどんなに時間をかけて練習しても骨格的な制限のために身体の柔らかさには限界が存在します。運動にかかわるインストラクターはこの点を明確に認識することが必須なのですが意外と重要視されていないようです。

実際に○○さんがあんなに柔らかいのだからあなたもできるはず、と言われて無理やりに押されてストレッチをしている光景をみたことがあります。

また、よくありがちなのはインストラクター自身の個人的な経験を生徒などに当てはめるケース。自身がもともと筋肉の緊張の為に可動域が低く、緊張を軽減した為に身体が柔らかくなった場合を骨格の制限のある生徒にも当てはまると早合点し、強引なやり方でケガをさせてしまうというもの。

こういった間違った指導が行わない為にも本DVDは役立ちます。

実際の骨格を比較して骨格的な制限による可動域の限界というものを丁寧に説明していきます。

面白かったのはある女性のケース。基本的に身体はものすごく柔らかいのに足関節だけはかなり可動域が低い。つまりアキレス腱を伸ばすような動作が得意ではないということ。

ある部分で可動域が広くとも、必ずしも他の部位も同様に広いわけではないというのが示されていたのはとても勉強になりました。

ぜひ、ヨガをされている方やダンスやフィットネスのインストラクターには見てもらいたい1枚です。

ただ残念なことは発売されてから時間が経っているので手に入れるのが困難になっているということ。。。


http://www.youtube.com/watch?v=jVqY2Mry65g&feature=youtube_gdata


http://www.youtube.com/watch?v=SJZ-He3wrBo&feature=youtube_gdata


http://www.youtube.com/watch?v=ve_GUyEHdfI&feature=youtube_gdata

317TXu896BL.jpg

『ヨーガのための解剖学』

出演:ポール・グライリー
字幕監修:綿本 彰
DVD:230分
販売:有限会社ヨガワークス

「ヨーガの実践に役立つ詳細な解説やデモンストレーション、人体構造の比較を包括的に行います。受講生を具体例として見せながら、圧迫、伸張、比率、配置という大切な概念をポール・グライリーが解説。同じヨーガのポーズを同じように実践していても、なぜ1人ひとりが違った体験をするのか?4つの概念がその個人差の解明に役立つことでしょう。」

(DVDパッケージ説明より)

2015年8月28日(金)
ムーブメント5シリーズを修正・加筆しました。

2015年4月13日(月)
●コラムに45.【身体】正しい【立ち方】を追加しました。

2015年4月12日(日)
●コラムに44.【身体】脱力と体軸を追加しました。

2014年1月31日(金)
ダンサーの為のロルフィングページを追加しました。

2014年1月25日(土)
●コラムに43.【解剖】肩甲骨と前鋸筋を追加しました。

2013年11月3日(日)
●コラムに42.【解剖】骨盤・仙腸関節の動きを追加しました。

2013年9月17日(火)
●おススメ本に13.『ホンダ イノベーションの神髄』を追加しました。

2013年9月16日(月)
●コラムに41.身体のゆがみ:O脚のメカニズムを追加しました。