慢性痛への対処法としてロルフィングが主流になる

ロルフィング in 東京

HOME > コラム > 22.【記事】Rolfing: No Longer a Fringe Therapy

ロルフィングとは?ロルフィング10シリーズムーブメント5シリーズ

ロルフィングブログ

22.【記事】Rolfing: No Longer a Fringe Therapy

2013.3.24(日)

U.S.NEWSからの記事の翻訳です。

↓元の記事はこちら
Rolfing: No Longer a Fringe Therapy



・・・・・翻訳開始・・・・・

ロルフィング:もはや主流ではないセラピーではなくなった
慢性痛に対して長い間みすごされていたトリートメントが主流になる


フィラデルフィアオーケストラに8年在籍する、ビオラ奏者であるC.J. Changは、10分以上はひどい痛みで演奏ができない状態でした。医師は彼の右手の過度な筋肉の肥大が原因だと診断した。しかし、マッサージや超音波治療を受けても改善しなかった。同僚は「ロルフィング」と言われる代替医療を受けてみることをChangに勧めた。Changは5~6回目のセッションが終わると、手全体が痛みから解放され、演奏を続けることができるようになった。

ロルフィング・ストラクチュラル・インテグレーションはニューヨーク出身で、生化学者であるアイダ・ロルフによって彼女が背骨の関節炎だと診断を受けた後、1930年代に開発された。ロルフは異なった筋肉群を包み込んでいる結合組織である筋膜の役割に注目した。筋膜はお互いに関連しあい、しばしば幾つかの関節をまたいで自由に動くのに役立っている。ケガをするとその傷周辺で筋膜がバンドエイドのように堅くなると理論を立てた。ケガが治ったとしても筋膜は堅いままで、しばしば慢性痛や不快感を引き起こすというのだ。


ストラクチュラル・インテグレーションは筋膜を伸ばして開いていくディープティシューマッサージの1つである。これによって身体全体のアライメントを整えバランスを元に戻す。俳優のChristopher Reeveは人工呼吸装置なしで呼吸できるように肺周りに施術を受けた。フィギュアスケートのMichelle Kwanは競争力を高め、バランスの手助けをし、ケガからの早期復帰する為にロルフィングを活用していた。


世界中で多くの学校がストラクチュラル・インテグレーションを教えているが、コロラド州ボルダーにあるロルフ研究所(the Rolf Institute)だけがマッサージセラピー委員会(Massage Therapy Accreditation)に認定されている。4月の時点で、アメリカにはおよそ1000名の認定ロルファーがいる。そして、この数は広がりをみせている。


長い間主流ではないセラピーとして無視されてきたストラクチュラル・インテグレーション(週1回のセッションを10回、1セッション60~90分)だが、近年では研究者から大きな注目を受けている。The National Institutes of Healthは助成金をセラピスト、科学者、医師によって開かれた2007年の第1回国際筋膜学会(Fascia Research Congress)に提供している。


最近では、ボストンのSpaulding Rehabilitation Hospital の准教授であり、ハーバード・メディカル・スクールのglobal health and social medicine学科で教鞭をとる Eric Jacobsonは慢性腰痛(1600万のアメリカ人が患っている)へのストラクチュラル・インテグレーションの研究にNIH助成金を受けている。他の研究ではストラクチュラル・インテグレーションにより線維筋痛症の痛みを軽減させたとする報告もある。


アルバカーキー州出身の53歳、化学技術者であるBradley Smithはすでに腰痛に対するロルフィング効果に納得している。彼は科学者の友人達から勧められてロルフィングを受けるまで、加齢による避けられない痛みとして腰痛を受け入れていた。彼はあと4年で定年を迎えたらロルファーになろうと考えるほどロルフィングの熱烈なファンになった。


・・・・・翻訳開始・・・・・

日本では「ロルフィング」と知られていますが正式名称は「ロルフィング・ストラクチュラル・インテグレーション」と言います。

記事の最後にロルフィングを受けて自らロルファーになろうという方のことが書かれていますが、実際知人のロルファーに聞いてもロルフィングを受けての効果に感銘を受けてロルフィングを学ぼうとした人が多いです。

ロルフィングのコンセプトを聞いただけでロルファーになろうとした猛者もいますが(笑)

2015年8月28日(金)
ムーブメント5シリーズを修正・加筆しました。

2015年4月13日(月)
●コラムに45.【身体】正しい【立ち方】を追加しました。

2015年4月12日(日)
●コラムに44.【身体】脱力と体軸を追加しました。

2014年1月31日(金)
ダンサーの為のロルフィングページを追加しました。

2014年1月25日(土)
●コラムに43.【解剖】肩甲骨と前鋸筋を追加しました。

2013年11月3日(日)
●コラムに42.【解剖】骨盤・仙腸関節の動きを追加しました。

2013年9月17日(火)
●おススメ本に13.『ホンダ イノベーションの神髄』を追加しました。

2013年9月16日(月)
●コラムに41.身体のゆがみ:O脚のメカニズムを追加しました。