心とカラダの関係「ロルフィングのたちばな」

ロルフィング in 東京

HOME > コラム > 24.心とカラダの関係

ロルフィングとは?ロルフィング10シリーズムーブメント5シリーズ

ロルフィングブログ

24.心とカラダの関係

2013.4.16(火)

「心」の使い方によって身体運用は変わってしまいます。

「感謝」「尊敬」「好意」といったポジティブな思いをもってみてください。感じ方は人それぞれだと思いますが僕の感覚としては身体が広がっていく感じがして、身体もまとまってきて安定します。

逆に「嫌悪」というネガティブな思いをもつと身体が固まってしまい身体はぎこちなくなってしまいます。

実際に合気道のような対人とのワークで確認すると「感情」の持ち方によって技の効きが変わってしまいます。

僕が学んでいる「忍躰心操術」のワークショップではまずはじめにこの心の使い方を学びます。はじめにできなかったことが、心の使い方によってその場で瞬間的にできるようになってしまいます。

現代人はとかく頭で考えてしまいます。日常的な姿勢だったり、動作だったりを意図的にコントロールしてしまい逆に不自然になってしまって解剖学的構造を上手く生かし切れていません。構造通り動く一番簡単な手段としてはポジティブな思いをもつこと。それだけで勝手に身体は良い状態になります。


これは精神論ではありません。明確な身体運用のコツです。



ある方とお話しをしていて

「ロルフィングでは精神面に働きかけませんよね」
「でも猫背になり肩を前にだした姿勢というのは実は自分自身を外の環境から守る為にそういった姿勢になっているのでは?」
「身体の組織に働きかけて身体を開いて猫背でなくなったとしても恐怖心を克服しない限り再度同じ姿勢に戻ってしまうのではないのか?」

といった内容のことを聞きました。



確かにそういった要因はあると思いますが、そもそもの恐怖心の原因は姿勢ではないのです。外界と対立してしまう状態になってしまっていることが根本的な原因だと個人的には考えています。

養神館合気道の創始者である塩田剛三翁は「対すれば相和す」と言いました。熟練した合気道家の動きをみると相手とぶつかりません。ぶつからないので相手を自由にコントロールすることができるので相手を投げたり、関節技で固めたりとできます。現代人の感覚でそういった光景を目にするとやらせにしかみえませんが、実際に抵抗できない(相手の動きに反応が起こらない)のです。

これは「合気」と呼ばれています。

これは人と人との関係にも同様のことが言えます。自分が相手や外界と抵抗してぶつかる状態だったなら恐怖心をもつかもしれません。

でも、相手や外界を受け入れてしまえばぶつかることもないので心はおだやかなままです。

その心を穏やかにする一つのコツとしてポジティブな思いをもつことが役立ちます。

もちろんこれだけで完全に問題が解決することはないでしょう。恐怖心をもっていた期間が長ければ長いほど克服するには時間もかかると思ってよいと思います。

人によってはその恐怖心がない状態だと逆に不安になる方もおられると思われます(ヒトは急激な変化を嫌います)。徐々に変化させることが必要だと思っています。


また、人は手ごたえを必要とします。肩を前にだした姿勢の方はその姿勢が格闘技で言う「構え」です。その構えをとることが「手ごたえ」になり束の間の安心感をえています。

しかし、「手ごたえ」を欲するならば別の「手ごたえ」をとる方がよりよいと思われます。

ロルファーの立場では地球上で誰にでも働いている「重力」の感覚をお勧めします。


話を戻しましてスポーツやビジネスのプレゼンテーションなど緊張を伴う環境に心の持ち方を応用するには、相手チームやお客さんに「尊敬」や「好意」を感じることがあてはまります。

相手にそういった思いをもつのが難しければただ単に自分の好きな人や身体で対面している人を受け入れる思い(身体に吸い込むイメージ)をもつだけでもよいと思います。


対立構造ではなく、協調構造になることが肝要で、それだけでパフォーマンスが全く変わります。


僕が学ぶ忍躰心操術では「心の使い方」は自身の能力をできるだけ100%近い割合で発揮できるようにする目的で用います。

もちろん、自身の能力の絶対値を高める取組みも並行して行うことが重要です。イチロー選手が10%の力でプレイしたとしても、一般の中学生が100%の能力を発揮したところで全くかないませんからね。

僕の先生は「小さなスイカと大きなリンゴはどちらが大きいか?」という説明をされていました。

便宜的に「心の使い方」という表現をしていますがこれにはロルフィングで重視する外界や自身の身体を感じるという「知覚」も含まれていますよ☆

2015年8月28日(金)
ムーブメント5シリーズを修正・加筆しました。

2015年4月13日(月)
●コラムに45.【身体】正しい【立ち方】を追加しました。

2015年4月12日(日)
●コラムに44.【身体】脱力と体軸を追加しました。

2014年1月31日(金)
ダンサーの為のロルフィングページを追加しました。

2014年1月25日(土)
●コラムに43.【解剖】肩甲骨と前鋸筋を追加しました。

2013年11月3日(日)
●コラムに42.【解剖】骨盤・仙腸関節の動きを追加しました。

2013年9月17日(火)
●おススメ本に13.『ホンダ イノベーションの神髄』を追加しました。

2013年9月16日(月)
●コラムに41.身体のゆがみ:O脚のメカニズムを追加しました。