変形性膝関節症と運動療法

ロルフィング in 東京

HOME > コラム > 31.【身体】変形性膝関節症と運動療法

ロルフィングとは?ロルフィング10シリーズムーブメント5シリーズ

ロルフィングブログ

31.【身体】変形性膝関節症と運動療法

2013.5.28(火)

今回は「変形性膝関節症と運動療法」についての研究を紹介しようと思います。

変形性膝関節症とは膝関節のクッションの役目をしている軟骨や半月板が長期にわたって少しづつすり減り、骨が変形して痛みが生じる病気です。日本では700万人がこの病気で治療を受けているとされています。


整形外科にいくとこの変形性膝関節症(以下膝OA)の治療の一つとして運動療法が古くから用いられています。そして、多くの臨床家は漠然とではありますが効果を実感しています。実際に僕自身も前職で運動指導の職に就いていた頃は膝に痛みがある方に対して膝周りの筋肉を鍛えたり、ストレッチしたりといった指導をしていましたが大抵の方は痛みがなくなったり、軽減したりしていました。

しかし、なぜ効果があるのかという点では明確なエビデンスが乏しいのが実情です。

紹介する研究の内容は以下の通りです。


研究概要

膝OAの患者さん対して12週間毎日SLR運動(下記項目参照)を実施してもらう。4週毎に測定しデータをとり変化を観察する。

●測定項目
・筋力
・筋電図
・大腿周囲計
・痛みの程度
・関節液に関する諸項目



運動内容

●SLR運動(ストレート・レッグ・レイズ)


片膝を立て、もう一方の膝を伸ばし、大腿四頭筋(もも前の筋肉)を緊張させ床から約20センチ挙上し、10秒間保持。これを10回、3セット、左右とも行う。これを朝・昼・夜の3回で一日計90回実施。

種目の選択は簡単に覚えてお家で実施してもらえるように簡単な種目ということで採用されたとのこと。

90回と言うと多い感じがしますが、3ヶ月で達成率は70%で1日50~60回は実施してもらえたとのことです。50回でもすごい!!!被験者の方、がんばりましたね☆


結果&考察

●大腿周囲径に変化なし
●筋力が向上
●痛みの軽減
●関節液中のヒアルロン酸ナトリウムの分子量が増加

注目すべきはヒアルロン酸ナトリウムの分子量が増加したという点です。

ヒアルロン酸ナトリウムの分子量があがるということは簡単に言うと関節液の粘弾性が高まるということ。粘弾性が高まると潤滑状態がよくなる、つまり関節の動きが滑らかになったということです。

痛み軽減のメカニズムはまだ議論の余地があるとしながらも1つの可能性として上記のメカニズムが関与していると考察しています。


運動指導していた当時、よく説明に使っていたのは筋力の向上によって膝の安定性が高まるというものでした。説明していてもわかるようなわからないような説明でした(笑)



以下は膝OAに関する情報です。

●非ステロイド性抗炎症剤、ストレッチ、SLRではストレッチ、SLRで効果が得られ特にSLRが効果があった。
●適度の運動は抗炎症作用がある。
●縦断的研究では正座の習慣による膝OAへの影響はなく、むしろ正座習慣がある方が悪化するケースが少ない。
●危険因子
・女性(80歳以上では発症率が70%になる)
・肥満
・年齢(70歳をすぎると指数関数的に増加する)
●姿勢によるO脚の人は膝OAで悪化しやすい。
●日本人は膝の内側の軟骨がすり減る傾向があるが欧米人では外側がすり減る傾向がある。
痛みと形態的変化(軟骨のすり減り度)とは比例しない。
●運動習慣がある人とない人とではある人の方が軟骨のすり減り度は大きかったが、通院するほどではなかった。


ロルフィングが助けになりそうなのは姿勢によるO脚のケースですね。筋膜が癒着して起こりますからこれは得意分野です。

膝OAに対してロルフィングによって痛みが軽減したという話も聞きます。ここらへんは研究していけたら面白い発見があるかもしれませんね。

参考文献「スポーツメディスン42」

2015年8月28日(金)
ムーブメント5シリーズを修正・加筆しました。

2015年4月13日(月)
●コラムに45.【身体】正しい【立ち方】を追加しました。

2015年4月12日(日)
●コラムに44.【身体】脱力と体軸を追加しました。

2014年1月31日(金)
ダンサーの為のロルフィングページを追加しました。

2014年1月25日(土)
●コラムに43.【解剖】肩甲骨と前鋸筋を追加しました。

2013年11月3日(日)
●コラムに42.【解剖】骨盤・仙腸関節の動きを追加しました。

2013年9月17日(火)
●おススメ本に13.『ホンダ イノベーションの神髄』を追加しました。

2013年9月16日(月)
●コラムに41.身体のゆがみ:O脚のメカニズムを追加しました。