『ロルフィングワークショップ 重力に抵抗しない身体の使い方(上肢編)』

ロルフィング in 東京

HOME > コラム > 39.8月3日のWS内容のご紹介

ロルフィングとは?ロルフィング10シリーズムーブメント5シリーズ

ロルフィングブログ

39.2013年8月3日(土)のWS内容のご紹介

2013.7.29(月)

今週の土曜日に開催するワークショップ【2013年8月3日(土)】では知覚系とムーブメントを利用して肩や腕の力みが取れた状態を体感してもらおうと思いますが今回のコラムではワークショップ内で行う内容について少しご紹介します。

↓ワークショップのお申込みはこちらから
ココロとカラダの学びの場


肩こりに悩んでいる方はけっこう多いですね。

でも、肩よりも末端である腕や手の緊張に気が付いておられる方は多くありません。

ロルフィングのセッションをしていると気が付くのは、肩周りや肩甲骨周辺をリリースしてもあまり変化がなかったクライアントさんが、二の腕や前腕をリリースしていくと一気に変化が起こることも珍しくないということ(もちろん事前に肩甲骨周りをリリースしたことが準備となっていますが)。

また、知覚系のワークで軽く触れた瞬間お腹が「グググ~~」と音を鳴りだしたり、身体が「ビクんッッ!ビクんッッ!」と動いたりといった反応をしめすことも多々あります。

こういった反応は筋肉が緊張を手放すサインで、身体の問題のある場所の1つであると個人的に捉えていますが、実際にそうした反応が起こると身体の感受性や変化が高まります。

それだけ肩や腕、手は密接に関係しているので腕の付け根から指先までターゲットに入れてワークショップを組み立てています。

関節のワーク

身体には約200の骨があるとされ、骨と骨との連結部分である関節もそれに比例して多数あります。

腕にも多くの関節があります(図の)。



関節はその関節の内部にも微細な動きを伴うことによって適切に身体を動かすことができます(37.【解剖】鎖骨の動きはシーソー参照)。

通常、ロルフィングの通常のセッションでは筋膜に対して働きかけますが、今回のワークショップでは関節内部の微細な動きをスムーズにして骨の感覚を高めるワークをご紹介します。

大抵緊張が強い方というのは筋肉への意識が強い傾向があります。筋肉への意識が高いと周りの筋肉を大雑把に固めて一つのブロックとして身体を使ってしまいます。

身体をブロックとして使ってしまうと、本来一つ一つの関節が少しづつ動くことによって負担を身体全体で担当していたものが一部の関節に負担が集中します。

すると身体を痛める危険性が高まります。また、各関節が動くということはそれだけで筋肉へのマッサージ効果がありますが、固まりで身体を使ってしまうとそのマッサージ効果がなくなり、ますます身体を固めてしまうことに繋がります。

そこで、機能解剖学を利用して腕の付け根から手首までの関節の1つ1つの感覚を高めて、適切に使えるようにしていきます。

不思議なことに関節内の動きが適切になると筋肉もゆるみやすくなるんですね。

※今回は専門家向けのワークショップではないので極力解剖学などは最低限に抑えてあまり難しくないようにしていこうと思います。詳細が知りたい方は休み時間にお聞きください

知覚

ヒトは何かを感じようとするだけで身体や身体の使い方が変わります。

ロルフィングでは皮膚接触による知覚によって身体を変化させていくテクニックがありますが、今回はそれだけでなく

自分の身体
他者の身体
空間
感情

へ感覚を向けることによって身体の変化も確認していこうと思います。

※この知覚する能力が高まるとストレッチやヨガなどのセルフワークがより効果的に行えるようになります

ムーブメント

ロルフィングのムーブメントの1つである「エルボーナッジ」をご紹介予定です。この「エルボーナッジ」はこれだけだと効果的に行うにはものすごく難しいのですが、関節のワークと組み合わせるとかなり難易度が低下します。

このエルボーナッジはセルフメンテナンスとして、かなりのおススメなのでこれだけでも覚えて帰ってもらいたいと思います。

※エルボーナッジ:“肘をつき出す”という意味。

今回のワークショップのご依頼をいただいてから色々ワークについて試行錯誤して、実際にワークを人に試してみたりしました。

そうすると否が応でも気が付くのですが、やはりロルフィングの10セッションを受けた方の反応は受けていない方に比べてかなり速いですそして、変化を適切に感じていただけます

ちなみに、元プロ野球選手の方々にもワークしたことがありますが、元プロ選手も反応がものすごく速いんです。ロルフィングを受けるとそうした先天的才能に優れた方と同じぐらいの感受性を得られるのだとつくづく思います。

2015年8月28日(金)
ムーブメント5シリーズを修正・加筆しました。

2015年4月13日(月)
●コラムに45.【身体】正しい【立ち方】を追加しました。

2015年4月12日(日)
●コラムに44.【身体】脱力と体軸を追加しました。

2014年1月31日(金)
ダンサーの為のロルフィングページを追加しました。

2014年1月25日(土)
●コラムに43.【解剖】肩甲骨と前鋸筋を追加しました。

2013年11月3日(日)
●コラムに42.【解剖】骨盤・仙腸関節の動きを追加しました。

2013年9月17日(火)
●おススメ本に13.『ホンダ イノベーションの神髄』を追加しました。

2013年9月16日(月)
●コラムに41.身体のゆがみ:O脚のメカニズムを追加しました。