ロルフィングとの出会い

ロルフィング in 東京

HOME > プロフィール

ロルフィングとは?ロルフィング10シリーズムーブメント5シリーズ

ロルフィングブログ

橘 隆徳 (たちばな たかのり)


1978年東京都生まれ。
川崎医療福祉大学 医療技術学部 健康体育学科卒
Rolf Institute 認定アドバンス・ロルファー
財団法人健康・体力づくり事業財団認定 元健康運動指導士
NPO法人日本ロルフィング協会 元理事


2008年(5月~7月) ロルファー養成トレーニングUNIT1 in 京都
2009年(1月~3月) ロルファー養成トレーニングUNIT2 in 京都
2009年(9月~11月) ロルファー養成トレーニングUNIT3 in 京都
2016年(2~3月)ロルフィングアドバンス・トレーニング(Rolfing advanced training)【phase2】 in 東京

を修了しRolf Institute認定アドバンス・ロルファーとなる。

主な研修歴

2010年 

◆ロルフ・ムーブメント【モティリティ・タッチ】
講師:田畑 浩良

2013年

◆ソースポイントセラピー【モジュール1、2】
講師:Bob Schrei & Donna Theomson

◆AKA療法
講師:二瓶 良耕(にへい接骨院)

2014年

◆頭蓋仙骨治療(クラニオ・ワーク)【レベル1】
講師:三谷 五一

◆内臓マニピュレーション【レベル1】
講師:三谷 五一

◆JARTAセミナー【ベーシック&アドバンスⅠ、Ⅱ、Ⅲ】
講師:JARTA(日本アスリートリハビリテーショントレーナー協会)

◆BFI研修会【定期的に参加】
講師:三上 敦士(BFI研究会)

2015年

◆ロルフィング 神経モビライゼーション
講師:Jonathan Martine

◆ロルフィング Fascial Integration【腰椎・腹部・骨盤】【胸椎・胸郭・横隔膜】
講師:Bruce Schonfeld

◆Biodynamic Approaches to Craniosacral Therapy【 Level1】
講師:Carol Agneessens

◆ロルフィングアドバンス・トレーニング【phase1】修了
(Rolfing advanced training)
講師:Ray Mccall & Carol Agneessens

2016年

◆頭蓋仙骨治療(クラニオ・ワーク)【レベル2】
講師:三谷 五一

◆Biodynamic Approaches to Craniosacral Therapy【 Level2】
講師:Carol Agneessens

◆ロルフィングアドバンス・トレーニング【phase2】修了
(Rolfing advanced training)
講師:Ray Mccall & Carol Agneessens

◆オステオパシー誇張法(4月~)


大学卒業後、岡山県にて運動指導員として中高年を対象に腰痛・膝痛・生活習慣病・介護予防の為の個別指導を仕事とする。

小学から高校まで野球、大学時代に空手、合気道を経験。
社会人になり書籍『黒人リズム感の秘密』に感銘を受け、身体の使い方を学ぶ為にストリートダンス(専門はLock)を学び始める。ダンスインストラクターとしても子供たちにダンスを教える。

身体の使い方を模索する過程で受けたロルフィングⓇの効果に驚きロルファーを志す。

現在は、忍術系の身体操作(忍躰心操術)を学びつつ自身も高いレベルの「重力と調和した身体」を実現するべく日々動作改善のトレーニングを実践。

ムーブメント志向のロルファーであり既存のロルフィング的手法に加えて「ダンス」「忍躰心操術的身体操作」の観点を取り入れた質の高いセッションを実現するべく活動中。

好きな言葉は「目的地があれば必ずたどり着く」

スポーツ・武道歴

  • 硬式野球
  • 合気道(合気会系)
  • 空手(サバキ系)
  • ストリートダンス(ロッキング)
  • テニス

ロルフィングとの出会い

自分では不可能な効果

体育学を学んでいた大学時代、図書館にて「ボディワーク」というキーワードで文献検索した際、ボディワークを論じた文献の中に「アレクサンダー・テクニーク」「フェルデンクライス・メソッド」ともに名前があったのが「ロルフィング」であり、ロルフィングを知ったきっかけとなりました。

しかし、当時は、エクササイズ的な自分でできるものを求めていたので、「手技」を用いるロルフィングには興味をもてなかったこと、また「手技」で身体はそれほど変わるものではないだろうという先入観が強くありそれ以上調べようとはは思いませんでした。

大学卒業後、運動指導の仕事についてから26歳でストリートダンスを習い始めます。

ある時

『身体の「軸」がない』

ということが強く気になりだしました。身体がバラバラな感じでした。今思えばダンストレーニングで身体を細かく動かせるようになったことにより身体の統一感のなさが明確になったのだと思います。ロルフィング的に言えば身体の『統合』がなかったということですね。そこで何かよい改善方法はないかと調べたところ「ロルフィング」に再び出会うことになります。

ただ、自分で行うトレーニングに行き詰り、ダメ元でロルフィングという施術を受けてみようと思ったので、依然としてロルフィングへの期待は決して高くはありませんでした。運動指導を職としていたこともあり「話のネタにでもなれば良いかな」という感じでした。

ところが、実際にセッション1を受けてみると自分が求めた「軸」という感覚の一端を体感することができダンスで必死に身体を細かく動かそうとトレーニングしていたのに動かなかった部分が動き始めました(筋膜の癒着が消失した為)。その後のセッションも毎回身体が変化していき、ものすごい衝撃を受けたのを覚えています。

今になって思えばそれまで色々と身体に関して取り組んでいったことがロルフィングによって1つの形にすることができたのだと思いますが、セルフの取り組みでは不可能な効果をロルフィングでは引き出すことができる、ということを強く実感しました。