綺麗な姿勢、颯爽とした歩き

ロルフィング in 東京

HOME > ロルフィングとは?

ロルフィングとは?ロルフィング10シリーズムーブメント5シリーズ

ロルフィングブログ



※ロルフィングは手技の名前ではありません。

ロルフィングのなりたち

ロルフィングの開発者
アイダ・ロルフ(Ida・Rolf)

ロルフィングⓇ(正式名称:Rolfingr Structural Integuration)は、生化学者であるアイダ・ロルフ博士(1896~1979)により、解剖学・生理学をベースに確立された技法で、当初は「ストラクチュラル・インテグレーション」という名でしたが創始者の名にちなんでロルフィングと呼ばれるようになりました。

ロルフィング10シリーズと呼ばれる10回のセッションから構成され『重力との調和』というコンセプトを持ち、手技を用いて筋膜組織(Fascia)に働きかけ、カラダの各部分をあるべき場所に戻すことにより、重心線上にカラダを整えヒトが本来もつ機能を引き出します。

元々ロルフィングは治療技術として発展してきました。しかし、アイダ・ロルフは痛みに対して働きかける過程で、一見痛みが取り除かれたように見えても、また別の場所に問題が表れるという「痛みとのいたちごっこ」をたびたび経験します。
その後、根本的な問題は別のところにあると思いつき、重力に抵抗せず無理なくカラダを扱うという「重力との調和」の重要性を認識します。
その後、対症療法的ではなく“身体教育”として本質的な部分からカラダを変化させる為にカラダ全体を観るという現在のロルフィングの基礎を確立しました。

ロルフィングが目指すもの

ロルフィングは重心線上に身体を整えて、重力下で負担のない身体を目指します。


吊られる身体(出典:究極の身体)

ロルフィングの理想とするのは重力下で負担のかからない身体です。それはあたかもマリオネットのように天から吊られているような身体になります。

天から吊られるような身体になることにより重力が通る線と身体の長軸方向が一致し、体重はスムーズに地面へと流れ、筋肉で身体を固めることがないので身体へかかる負担が軽減します。

人間の身体はこうのように本来デザインされているので、こうした身体に近づくことで立ち姿がキレイに見えたり、動きがスムーズになり日常生活やスポーツで楽に自由になったり、慢性的な痛みの軽減といった様々な好影響が表れます。

【ロルフィングの期待される効果】

①慢性的な痛みの軽減
②身体の動きがスムーズになる
③姿勢が健康的になる
④自己肯定感がでてくる
⑤バランスが安定する
⑥身体のゆがみが気にならなくなる

ロルフィング・ドキュメンタリー動画

ヨーロッパのロルファーによって作成されたロルフィング紹介動画です。


http://www.youtube.com/watch?v=uwdeFICPcZ0
ロルフィング フランス語によるドキュメンタリー 26分 日本語


【内容】

①ロルフィングの概要
②ダンサーのケース
③音楽家のケース
④ロルフィングにおいての筋膜
⑤妊婦のケース
⑥リハビリとの違い
⑦ロルファーになった理由

※「YouTube」には分割されたバージョンもあります。

ロルファー

ロルフィングの施術者をロルファーといいます。


ロルファーになるには、米国ロルフ研究所(The Rolf InstituteⓇ)が開催するロルファー養成トレーニングを受講し、解剖学・生理学・施術法・ロルフムーブメントなどを学ぶ必要があります。トレーニングは3つのUnitからなります。

以下学習時間

Unit1:218時間
Unit2:244時間
Unit3:269時間

この3つのUnitを修了し、米国ロルフ研究所より認定を受けた者のみがロルファーを名乗ることができます。

レシピ&10シリーズテーマ

レシピはロルフィングの核です。


ロルフィングのレシピとは、料理のレシピがその料理の材料や調理の仕方が書かれているように10回の各セッションのテーマ、どの部位をワークするのかが示されたものです。元々は口伝で伝えられていましたが現在ではインストラクターによっては書面にまとめられて教えられています。

元々創始者であるアイダ・ロルフは独自の視点でワークを行っていましたが、ロルフィングの技法を伝える際に上手く伝えられないことに気が付きました。そこで、誰が行っても最低限の効果がでるように「レシピ」を作成することになります。

面白いのは、アイダ自身はレシピ通りにワークを行ったことはなかったようです。つまり、レシピはその手順通りに行うようなものではなく、アイダが持っていた視点を身に着けるまでのツールと考えた方がよいでしょう。

筋膜①:筋膜の概要

筋膜の正常化による効果


筋膜は筋肉だけでなく、骨・内臓・腱・靭帯・血管・全身といったカラダのあらゆる組織を包みネットワークを形成しています。

筋膜の主な成分はコラーゲン(タンパク質)と水分です。筋膜が過度なストレスや無理なカラダの使い方などの理由により水分を失い筋膜の粘着性が高まり癒着が起こるとカラダのアライメントを崩したり、緊張やコリの原因となります。また、痛みの感受性を下げて痛みを感じやすくする要因にもなると考えられます。そしてその悪影響は筋膜のネットワークを通して、遠く離れた場所にも悪影響を与えます。

ロルフィングでは「持続的な圧」や「知覚」「ムーブメント」という手段を用いて、この筋膜の癒着を元に戻し正常化することにより、骨格・筋肉・内臓を本来のあるべき位置に戻し重力との調和を図ることを目的とします。



筋膜の正常化は

①筋肉の動きをスムーズにする。
②血液循環を良くする。
③老廃物の排出を促す。
④痛みの感受性を低下させる。

などの効果をもたらします。


http://www.youtube.com/watch?v=QjMpaRfjOmc
筋膜の実際の映像

筋膜②:筋膜のセーターコンセプト

身体は筋膜によってつながっている


図1.は筋膜のセーターコンセプトです。これは皮膚の真下でカラダを覆っている皮下脂肪を含む浅筋膜やその下に存在する深筋膜(カラダの隙間を埋めて構造を補強している)に対するモデルです。

筋膜の歪みが全身に伝わる様をあらわしていますが、これを見るとカラダの一部分の影響が遠く離れた部位にも影響を与えているのがわかりやすいと思います。


筋膜③:筋肉・筋膜の構造

筋膜の正常化は筋自体のパフォーマンスを高める


図2.は筋肉の構造です。筋肉は筋繊維と言われるように細かくみていくと糸状の構造をしています。ここで糸の束を想像してほしいのですが、この束だけでは糸がバラバラになって形を維持できません。


そこで膜で糸の束を覆ってみるとソーセージ状になり形を維持できるようになります。筋肉も同じように糸状のものが膜で集まり一つの単位を形成しています。さらにその単位が集まり一つの単位になり更に集まりといった過程を得て筋肉になります。この膜が筋膜です。専門用語でいえば筋内膜、筋周膜、筋上膜(筋外膜)になります。

筋肉同士は直接接するのではなく筋膜で接することになります。筋膜が正常であれば膜同士に制限がかからずスムーズに動くことができます。しかし、なんらかの理由で筋膜の粘着性が高まっていると筋肉同士のずれ合いに摩擦が生じ動きを制限します。

これはストレッチにも言えることで、筋肉が伸びるにはまず筋膜が伸びる必要がありますが、筋膜の粘着性が高まっていると筋肉は伸長するのに制限がかかることになります。

重力との調和

ロルフィングは重心線上に身体を整える


地球上では常に重力の影響を受けています。現代人は重力に抵抗しカラダを固めることにより、あえてカラダに負担をかけて日常をすごしています。その結果カラダのバランスを歪ませ様々な不快な症状の原因になったり、動きを制限し更に負担をかける構造になっています。

ですがヒトのカラダは、本来この重力に適応するように進化してきました。重力に抵抗せずに調和するとカラダは驚くほど楽に扱うことができます。

立ち始めたばかりの赤ちゃんは重力と調和した最高の見本です。筋肉は未発達なのに(だからこそ)ゆらゆらとバランスをとっています。この時どういった状態かと言えば重心線上に「骨格」が整った状態になり必要以上の筋力は必要ありません。左にリンクした動画をご参考下さい。

ロルフィングはこの重心線上にカラダを整える手段です。

理想のカラダはガチっと安定させるのではなくゆらゆらと不安定に見えて実は安定した状態です。

よく肩こりは二足歩行になったヒトの宿命だと言われます。論拠としては肩周りの筋肉で3~5キロほどもある腕を持ち上げているからとのこと。

なぜ腕を持ち上げ続ける必要があるのでしょうか?この考え方自体重力に抵抗したものです。

重力にしたがって素直に腕を下し、肋骨に重さを乗せてあげれば肩周りの筋肉に負担をかける必要はありません。腰痛に関しても重心線上にカラダが整うと腰の負担が軽減します。


http://www.youtube.com/watch?v=ofT7MHkc6Qk&feature=youtube_gdata
Stone Balance

動作教育

動きの改善がその後の新しい身体を作る


これまでのカラダの使い方が現在のカラダを作っています。カラダの使い方が変わらなければ如何に施術などでカラダによい変化を起こしたとしてもその効果は一時的でいずれは元に戻ってしまいます。

マッサージや整体を受けて、一時的に楽になったとしても数日で元のつらいカラダに戻ってしまった、というのはよく聞く話です。

よく誤解をされるのですがロルフィングは単なる施術の技術ではありません。

ロルフィングセッションでは、カラダの使い方の気づきや動きのエクササイズにより、新しい質の高いカラダの使い方のヒントを掴んでもらう手助けをします。

動きが変われば、カラダは必ず変わります。筋膜を整えたカラダに、新しい動きが加わることにより自由で楽なカラダを手に入れます。

また、アスリートやダンサーなどにとっては高いパフォーマンスを発揮するのに必須の要素です。

知覚

知覚への働きかけは身体の感受性を高める


「知覚」とは外界や自身の内部の刺激を感じ取ることです。ロルフィングではこの知覚を重視しています。

全身の知覚を開くことによりそれだけでカラダは変化していきます。触れるか触れないかぐらいの軽いタッチ(モティリティ・タッチ)でもカラダが変わってしまうのはこの知覚に働きかける為です。

また、ロルフィングが10回のセッションが終了してからも1年間はカラダが変化し続けるというのは、筋膜がリリースされて新しい動きやカラダのポジションを見つけることができたということ以外にも、この知覚する力が高まったことによります。

セッションの中では度々「今どのような感じがしますか?」と聞くケースが多くありますが、これは知覚を意識化する取り組みです。
おそらく普段からカラダへ意識を向けていない方にとってはとまどう方が少なくありません。もし「何も感じない」と思っても「その何も感じない」ということをしっかり感じてみてください。

自身が感じているものを意識化できていないということに気付くことはものすごく重要です。感じていることを言語化するのが目的ではありません。感じる過程が重要なのです。

知覚力が高まることにより、ロルフィング以外の施術の効果がでやすくなります。人によっては軽く他者に触れられただけで肩のゆるむほどの感受性を身に着ける方もおられるほどです。